エクステこと、ヘアーエクステンション

簡単なあらすじはというと、死後も伸び続ける少女の死体から作られたエクステがらみで、次々と怪奇的な事件が起こるというものだ。
そのエクステには、非業の死を遂げた少女の怨念が宿っているという・・・。
とにかく、毛がわさわさと出てきて、移動はするわ、人体の内部から飛び出すわ・・・と気持ち悪い(失礼だけど)設定なようだね。

人毛が主役ではないものでも、ホラーに毛がでてくると、かなり引きるよね・・・。
怖いシーンで、人の抜け落ちた髪の毛がバスルームに詰まっていたり、ちょっとだけ落ちているだけでもかなり怖いだ・・・。
見た後にエクステをつけるのが怖くなる可能性もでてきます・・・。

映画にもなるとは、エクステはそれだけブレイクしていて人気の高いヘアアイテムになってきているのでね。
身近なアイテムに潜む恐怖・・・DVDもでているようなので、見てみてはどうでしょう。

新技術が出たり、セルフキットも続々と出ているヘアエクステ、まつ毛エクステだけど、更に今後より使いやすく、長持ちする技術や製品がでてくると思うので、今後もチェックしなくては・・・。

お役立ち 関連情報

アフガニスタンで殺害された「ペシャワール会」の伊藤和也さん(31)の遺体を乗せた民間機が30日夕、愛知県の中部国際空港に到着した。静岡県掛川市の実家から父正之さん(60)ら家族が空港で出迎え、悲しみの対面。両親は記者会見し「遺体に『お帰り』と声を掛けてあげたい」と話した。遺体は同日夜、浜松医科大に移され静岡県警が司法解剖、誘拐・殺人事件捜査対策室を設置して捜査を進める。 米国では少数株主を保護する考え方が強く、支配株主が少数株主を排除するTOBを実施する際は、特別委員会が少数株主の利益を代表して支配株主と価格交渉をすることが一般的だ。今回は発行済み株式の65%を保有する三菱UFJに対し、UNBCの特別委員会が反論した格好となった。当初提示されたTOB価格について、低すぎるとの見解を表明していたユニオンバンカル(UNBC)の社外取締役で構成する特別委員会は、新しい価格の受け入れをユニオンバンカルの取締役会に提案した。同取締役会はこの提案を受け、完全子会社化に向けた契約書を承認すると同時に、少数株主に対してTOBに応募するよう求めることを決議した。これにより、TOB価格をめぐる三菱UFJと特別委との交渉は一転決着した。 ゲームソフト大手のスクウェア・エニックスは29日、同業のテクモに対して株式公開買い付け(TOB)を提案したと発表した。9月4日までにテクモ取締役会の賛同を得た上でTOB実施に踏み切るため、「同意が得られない場合は撤回する」と説明している。