エクステこと、ヘアーエクステンション

簡単なあらすじはというと、死後も伸び続ける少女の死体から作られたエクステがらみで、次々と怪奇的な事件が起こるというものだ。
そのエクステには、非業の死を遂げた少女の怨念が宿っているという・・・。
とにかく、毛がわさわさと出てきて、移動はするわ、人体の内部から飛び出すわ・・・と気持ち悪い(失礼だけど)設定なようだね。

人毛が主役ではないものでも、ホラーに毛がでてくると、かなり引きるよね・・・。
怖いシーンで、人の抜け落ちた髪の毛がバスルームに詰まっていたり、ちょっとだけ落ちているだけでもかなり怖いだ・・・。
見た後にエクステをつけるのが怖くなる可能性もでてきます・・・。

映画にもなるとは、エクステはそれだけブレイクしていて人気の高いヘアアイテムになってきているのでね。
身近なアイテムに潜む恐怖・・・DVDもでているようなので、見てみてはどうでしょう。

新技術が出たり、セルフキットも続々と出ているヘアエクステ、まつ毛エクステだけど、更に今後より使いやすく、長持ちする技術や製品がでてくると思うので、今後もチェックしなくては・・・。

お役立ち 関連情報

日本列島は日本海上空の寒気に南東から湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となり、三重県の鳥羽で時間雨量72ミリ、神奈川県の辻堂で60・5ミリを記録するなど、30日も東北から西日本の広い範囲で局地的に50ミリを超える大雨となった。 31日朝にかけても大気の状態が不安定で、1時間で80ミリを超える猛烈な大雨になる地域もあると予想され、気象庁は土砂災害や河川の増水、浸水に警戒するよう呼び掛けている。日本列島は30日も、東北から近畿にかけて局地的な大雨となった。気象庁は31日朝にかけても1時間に30−50ミリ、所により80ミリを超す猛烈な雨や落雷、突風の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。 アフガニスタンで殺害された「ペシャワール会」の伊藤和也さん(31)の遺体を乗せた民間機が30日夕、愛知県の中部国際空港に到着した。静岡県掛川市の実家から父正之さん(60)ら家族が空港で出迎え、悲しみの対面。両親は記者会見し「遺体に『お帰り』と声を掛けてあげたい」と話した。遺体は同日夜、浜松医科大に移され静岡県警が司法解剖、誘拐・殺人事件捜査対策室を設置して捜査を進める。 「負けたけど、頑張ったね」 「結果は出なかったけど、いいプレーをしていたよ」 スポーツをめぐって、こんな会話がされることは珍しくない。 だがこの男にとっては、「結果がすべて」である。決勝戦後のミックスゾーンで、石井慧はこう言い放った。 「だって決勝でいい試合していても、残り10秒で逆転されたら意味ないじゃないですか」 米国では少数株主を保護する考え方が強く、支配株主が少数株主を排除するTOBを実施する際は、特別委員会が少数株主の利益を代表して支配株主と価格交渉をすることが一般的だ。今回は発行済み株式の65%を保有する三菱UFJに対し、UNBCの特別委員会が反論した格好となった。