エクステこと、ヘアーエクステンション

簡単なあらすじはというと、死後も伸び続ける少女の死体から作られたエクステがらみで、次々と怪奇的な事件が起こるというものだ。
そのエクステには、非業の死を遂げた少女の怨念が宿っているという・・・。
とにかく、毛がわさわさと出てきて、移動はするわ、人体の内部から飛び出すわ・・・と気持ち悪い(失礼だけど)設定なようだね。

人毛が主役ではないものでも、ホラーに毛がでてくると、かなり引きるよね・・・。
怖いシーンで、人の抜け落ちた髪の毛がバスルームに詰まっていたり、ちょっとだけ落ちているだけでもかなり怖いだ・・・。
見た後にエクステをつけるのが怖くなる可能性もでてきます・・・。

映画にもなるとは、エクステはそれだけブレイクしていて人気の高いヘアアイテムになってきているのでね。
身近なアイテムに潜む恐怖・・・DVDもでているようなので、見てみてはどうでしょう。

新技術が出たり、セルフキットも続々と出ているヘアエクステ、まつ毛エクステだけど、更に今後より使いやすく、長持ちする技術や製品がでてくると思うので、今後もチェックしなくては・・・。

お役立ち 関連情報

米国では少数株主を保護する考え方が強く、支配株主が少数株主を排除するTOBを実施する際は、特別委員会が少数株主の利益を代表して支配株主と価格交渉をすることが一般的だ。今回は発行済み株式の65%を保有する三菱UFJに対し、UNBCの特別委員会が反論した格好となった。ゲームソフト大手のスクウェア・エニックスは29日、同業のテクモに対して株式公開買い付け(TOB)を提案したと発表した。9月4日までにテクモ取締役会の賛同を得た上でTOB実施に踏み切るため、「同意が得られない場合は撤回する」と説明している。 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>は18日、ユニオンバンカル・コーポレーション(UNBC)の完全子会社化をめぐり提示していた株式公開買い付けの価格(TOB価格)を1株63ドルから73.50ドルに引き上げることで、UNBCと合意したと発表した。 「負けたけど、頑張ったね」 「結果は出なかったけど、いいプレーをしていたよ」 スポーツをめぐって、こんな会話がされることは珍しくない。 だがこの男にとっては、「結果がすべて」である。決勝戦後のミックスゾーンで、石井慧はこう言い放った。 「だって決勝でいい試合していても、残り10秒で逆転されたら意味ないじゃないですか」