ヘルシーブーム

ヘルシーブーム・・・。
ブームにのってミーハーだと思われそうだけど、私も美容と健康が気になっています。
十代の頃は、そんなこと全然かまわなかったのですけど、学校を卒業して社会人になってしばらくたってから、前にも言ったとおりだるくなったり疲れやすくなったり・・・。

ルーシーダットンは、タイの修行僧の人が体のためなどに始めたみたいだから、当然美容と健康に良いそうです。
抵抗力もあがって、血行も良くなって・・・と、ほんと魅力的ですね。
姿勢が悪かったせいもあるけど、肩こりもひどくって、困っていました。

健康と医療 関連情報

 推計では、団塊の世代がすべて65歳以上となる2015年時点ですでに、05年の1.5倍の約302万人に上る。研究班の粟田主一・仙台市立病院神経精神科部長によると、主な増加要因は高齢化という。  ただ、算定に使った80年代調査は当時の知見から、認知症とされた人はアルツハイマー型や脳卒中後の重症患者に限られていた。その後、診断技術が向上したほか、認知症の原因となる別の病気がみつかり診断基準が明確になっている。これらを考慮すると、今回の推計より患者数は増える可能性がある。  これまでVEATは別の働きで知られており、その異常で、幼児期から精神発達や運動障害が起こる「サラ病」になることがわかっていた。今回の発見で、サラ病は神経細胞の情報伝達の異常で起こる可能性が示された。 アスパラガスに含まれるアミノ酸の一種「アスパラギン酸」が、神経細胞で情報伝達にかかわる仕組みを、岡山大大学院医歯薬学総合研究科の森山芳則教授(生化学)らが突き止め、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。この仕組みの異常で、発達障害などが起こる難病になる可能性も示され、記憶・学習の仕組み解明につながりそうだ。