ヘルシーブーム

ヘルシーブーム・・・。
ブームにのってミーハーだと思われそうだけど、私も美容と健康が気になっています。
十代の頃は、そんなこと全然かまわなかったのですけど、学校を卒業して社会人になってしばらくたってから、前にも言ったとおりだるくなったり疲れやすくなったり・・・。

ルーシーダットンは、タイの修行僧の人が体のためなどに始めたみたいだから、当然美容と健康に良いそうです。
抵抗力もあがって、血行も良くなって・・・と、ほんと魅力的ですね。
姿勢が悪かったせいもあるけど、肩こりもひどくって、困っていました。

健康と医療 関連情報

 神谷教授らは、細胞内のカルシウム濃度を調節する「リアノジン受容体」と呼ばれるたんぱく質に注目。このたんぱく質は、脳の中で記憶を作るのに重要な働きをする部分に多いことを見つけた。  VEATは、神経細胞のつなぎ目にある神経伝達物質を蓄える袋に、アスパラギン酸を運びこむ。蓄積されたアスパラギン酸は、この袋から分泌されて神経伝達物質になるとグループはみている。  リレー・フォー・ライフは1985年にアメリカ対がん協会の医師が、がん患者の支援やがんの征圧、予防を訴えて始めた。日本では06年に茨城県つくば市で初めて開催され、07年は東京など2カ所で開かれた。3年目の今年は室蘭の後、9月13〜14日に兵庫県芦屋市、同14〜15日に横浜市、10月11〜12日に高知県南国市、徳島県小松島市、大分県由布市で開かれる。  記憶は、神経細胞が変化して、信号が伝わりやすくなることでできると考えられており、細胞の変化にはカルシウム濃度がかかわる。神谷教授らは、カフェインでこのたんぱく質を刺激すると、細胞内のカルシウム濃度が通常より上がり、信号が伝わりやすくなることを確かめた。